理学療法士 夜間 学費

授業料・教科書代・実習費に差がある!

学費に関しては理学療法士の専門学校は学校ごとに差があります。同じ系列であれば昼間部より夜間のほうが安いのですが、専門学校にはかなりの開きがあります。何が違うのでしょうか。

 

理学療法士 夜間専門学校の学費は、3年制であれば医学アカデミーの3年間の学費と教材費総額、約3,655,000円が最も安く、ハーベスト医療福祉専門学校の約499万円が高い金額となります。

 

4年制であれば臨床福祉専門学校の4年間の学費と教材費総額約474万円が安く、東都リハビリテーション学院の約700万円が最も高い金額となります。

 

ただし内訳を確認すると

  • 入学金
  • 施設費
  • 授業料
  • 実験実習費

などの学費だけの修業年間の総計として記載されている場合があります。

 

例えば、ハーベスト医療福祉専門学校は3年間で499万円と夜間専門学校としては最高額ですが、この中には上記に加えて
教科書代金
実習被服費
オリエンテーション合宿代金
理学療法士国家試験模擬試験代金
理学療法士国家試験受験料
卒業に関わる費用
といった全てが含まれています。

 

東都リハビリテーション学院の約700万円も、細かい金額まで教材費として計上しているため高額になっています。

 

総額と言えども、詳細はパンフレットを取り寄せて確認しないとわからない部分がありますので、かかる金額に関しては注意が必要です。

 

 気になる学校のパンフレットを取り寄せて確認する

 

↓↓↓資料請求はこちら 高校生図書券プレゼント付↓↓↓