理学療法士 夜間 難易度

理学療法士の養成校は入学金を払えば入学できる?

昼間部でも夜間部でも理学療法士の養成学校には入学試験を受けて合格しなければなりません。

 

ただし社会人入試であれば、

  • 個人面談と書類選考
  • 小論文と面接
  • 適性診断と面接

などで学科試験ではないことがほとんどです。難易度の高い入試ではありません。

 

高校生の場合であれば、国語・英語・数学などの学科試験が科せられる場合がほとんどですが、社会人入試の場合は、
基本的なコミュニケーション能力があるか。
常識的な判断ができるか。
といったところがポイントのようです。

 

医療に携わる上での人間としての資質が問われるのですね。

 

理学療法士を目指す夜間の専門学校生の平均年齢は30歳前後です。社会人としての経験がある方がほとんどです。

 

医学療法士の仕事は、
「事故や病気など、何らかの理由で自由に動かなくなった患者の体を運動やマッサージによって機能回復を促すハビリテーションの専門職」
です。

 

医療従事者として運動を始めとした治療や訓練を行って、障害や病後の機能回復、および改善を図ります。

  • 運動療法
  • 物理療法
  • 日常生活動

などの手法を使います。

 

ですから、向いているのは下記のようなことが得意な方です。
何事も筋道を立てて考える
人の気持ちや性格を理解する
人の面倒を見たり世話をする
具体的な社会人入試内容については、各専門学校の詳細をご覧ください。

 

↓↓↓資料請求はこちら 高校生図書券プレゼント付↓↓↓